配達初日

期間中1件配れば6千円とかいうメールにうながされ、ようやく重い腰を上げ夕方から配達に出かける。最初なので土地勘のある船橋駅周辺に行ってみる。

駅から少し離れた小さな公園に行きアプリをオンラインにして待つ。しばらく待っても配達の依頼が来ないが練習に2〜3件配ればいいと思っていたのでそのままそこで待っていた。
寒くなってくると公園を走ったりして待っていたがいつになっても依頼が来ない。1時間も経ってさすがに痺れを切らして移動することにする。
本八幡方面に行こうかと途中まで自転車を漕いだが思い直して船橋駅方面に戻り、文化センターの前で待っていると5分ほどで初めての依頼がきた。
とにかく丸いところをタップして依頼を受けたが後から考えると店まで何分とか確認もしなかった。スシローからの配達だった。駅前の店からくると思っていたのでちょっと予想外だ。
説明会の時にアプリにルートが出ていたはずなのに出てこないので出そうとしてアプリをいじってみたけどやり方がわからないので諦めて自転車を漕ぎ出す。
スシローなら場所はわかっていたのでやはり土地勘のある船橋でやってよかった。

すぐに店に到着して自転車置き場に自転車を停めて店内へ。カウンターでは会計の客がいたので通りかかった店員にウーバーイーツですと声をかけ番号を言うとすぐに商品を渡された。お預かりしますと言って商品を受け取りバックに入れる。握りの大きなパックが3つでバックを拡張しない状態でギリギリ入るくらいだ。
緩衝材用に大きなバスタオルを2枚も入れていたのでかえって邪魔だった。一枚で良さそうだ。
店の説明で崩れやすいので注意するように書いてあったので背負う時に斜めにならないように大分気をつけた。自転車置き場で受け取りの操作をしたが慌てていたので店の評価を忘れてしまった。
谷津方面への配達で結構距離がある。最初は大きな通りをまっすぐ行くのでけっこう飛ばした。近づいたところでGoogleマップに住所を手入力で入れてGoogleマップを見て細い道へ入って行き配達先らしき建物に到着。
2棟あるアパートでB棟の102が配達先だけどどっちがB棟かわからない。とにかく近い方の102に行くと表札の名前が一致したので呼び鈴を押しウーバーイーツですと声をかける。主婦っぽい人が出てきたので商品を渡して任務完了。自転車のところに戻りアプリで配達完了の操作をした。
この時も客の評価は忘れたようだ。

アプリをオフラインにして船橋駅方面に戻るが雨が降ってきたのでやめて帰ることにした。
一件だけで初日は終了。
2時間ちょっとオンラインで収益は500円弱だった。まあ初回インセンティブが6000円付くからよしとしよう。
アプリの操作がまったくままならないのでちゃんと勉強して出直そう。

家に帰ってメールを見るとウーバーから初回配達おめでとうとメールが来ていた。妻もLINEで祝福してくれた。

千里の道も一歩から。とにかく一歩めを踏み出したことに意味があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です